キャッシングの審査基準について

審査基準 記事一覧

審査甘い即日キャッシングで確実に借りる!

即日融資で確実にお金を借りるなら、借りやすさで選ぼう!当サイトお勧めのキャッシングはトップページでランキング化しています!審査が甘いキャッシングはあるの?消費者金融会社の間には、各社競争がありますから、すべてが同じ審査基準で融資を行っているわけではありません。当然、お金を借りやすい即日キャッシングも...

続きを読む

職業によって変わる審査の難易度

残念ながら消費者金融業界では、その人の職業によって融資をお断りすることがあります。もちろん、それらの職業の方の全てに融資をしないというわけではありませんが、審査が通りにくいのは事実です。ですが、事実として、「職業」はシビアな審査対象となっていることをご理解頂けたらと思います。審査に不利な職業とは?羅...

続きを読む

人間性(派手好き、嘘つき)

審査なんて「借りたお金を返せるかどうかが大事」であって、それ以外のことは大して重要ではないでしょ。と思われるかもしれませんが、借り主の人間性についても、貸金業者はとても重要視しているのです。無人機でも油断できない無人機とかでも勿論、カメラで見張っていますので新規の顧客に対してはまずはデータよりもこれ...

続きを読む

新しく融資してもらえないのは元金が減っていないから

例えば、3社のキャッシングを利用していて、毎月、各社に2万円ずつ(計6万円)返済しているとします。本人は毎月合計6万円支払っているという大変さを感じていると思うのですが、ちょっと待ってください。何年借りていますか?また、最初の借り入れは何十万でしたか?途中で少しずつでも追加融資を受けませんでしたか?...

続きを読む

3パターンの長期延滞者

通常の延滞とは大体、1か月以上3か月未満を指します。そして、長期延滞は3か月以上の延滞を指します。また、長期延滞者は、大きく3段階に分かれます。初期支払いもせず行方不明でもない危険人物とみなされる長期延滞者このページではその3パターンについて見ていきたいと思います。初期残念ながら、短期でも長期でも延...

続きを読む

多重債務者が考えるべき心理

多重債務とは、借り入れ件数が多いことを言います。今、かなり規制が厳しくなっているので逆に多重債務者が多いかもしれません。法律改正の結果、一件の貸金業者が顧客に貸せる限度額の規制が厳しくなりました。その為、希望額に満たない金額の融資しかしてもらえなかった人は、ちょっと怪しい金利高めの金融屋のハシゴをし...

続きを読む

貸金業協会から「証明書偽造」の通達

時折、貸金業協会から、各消費者金融会社に通達文書が来ることがあります。通達文書の内容は、証明書偽造の疑い有読み方を変えているが同一人物とみなされるといった注意を促すものです。証明書偽造の疑いの例証明書偽造は今はもっと増えているかと思います。無人機とかインターネット申込みといったものは、やはり対面に比...

続きを読む

不動産担保でも借りれない場合

自分の不動産(家や土地)を担保にして、業者から高額な融資を受けて、借金を1本化したとします。後日、さらなるお金の入り用が出来た場合、その1本化してもらった業者に「もう少し貸して頂けないでしょうか?」と、まずは頼んでみると思います。これは業者によって様々ですが、恐らく大体のところは1年以上の返済実績が...

続きを読む

お申込みブラックとは?そのデメリット

融資のお願い(キャッシングのお申込み)をする為に、インターネット申込み来店電話をすると「何月何日、1件問い合わせ有」というデータが「個人情報信用機関」に自動的に残ります。その後、また別の消費者金融にネット申し込みするとします。そうしたら、その日はもう「2件問い合わせ有」となります。このデータは6ヶ月...

続きを読む

金融知識としてのブラックリスト

巷で言われているように、どこの消費者金融でも銀行でも「ブラックリスト」というもの自体は存在はしません。ですが、業界では債務整理(任意整理、個人再生、自己破産)をした人のことを「ブラック有り」と呼んでいます。ブラック情報の共有消費者金融には貸金業協会とオンラインで繋がった独自の端末があります。そこには...

続きを読む